ホーム > 主な診療分野 > 加齢黄斑変性

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性は、網膜にある黄斑の老化によって起きます。

目の内側の組織である網膜のほぼ中心に位置する黄斑には、ものを見るために重要な視細胞が集中しています。その大切な黄斑の組織に、老化に伴なった変化が起こり、疾患に至るのが加齢黄斑変性です。加齢黄斑変性症、加齢性黄斑変性症と呼ばれることもあります。
加齢黄斑変性にかかると、黄斑の細胞が萎縮したり、老廃物が溜まったりして機能が低下します。さらに炎症や異常な血管の発生により出血などが起こると、視界の中心、つまり一番見たいところが、見えづらくなってしまいます。

加齢黄斑変性は、日本でも増加しています。

加齢黄斑変性は、視力がかなり低下してからでないと気づかないことが多く、進行すると失明の可能性も少なくありません。
しかし、現在のところ決定的な治療法は確立されていません。米国では既に65歳以上の中途失明の原因のトップになっています。これまでは欧米人に多い眼疾患とされていましたが、近年、日本人にも急増している病気です 。

加齢黄斑変性は、大きく分けて、浸出型(wettype)と言って脈絡膜から新生血管が網膜下や網膜色素上皮下に生えてきて、出血や溶血を起します。急激な視力低下を起こします。もう一つは、萎縮型(dry type)と言って、網膜色素上皮や脈絡膜毛細血管板の委縮を起こすもので、急激な視力低下は起こしません。向かって左の写真は、浸出型です。向かって右の写真は萎縮型です。

加齢黄斑変性の見え方

見たいところが見えない、読みたい文字が読めないという、とても不便な状態になってしまいます。しかも進行していきます。「歪んで見える」「ぼやけて見える」「不鮮明になる」「中心が黒くなる」症状は片方の眼から現れることが多く、もう一方の目が視力を補って気づかない場合があります。年齢のせいにしてそのままにしてしまうことも少なくありません。
中央部以外は見えている状態なので、全く光を失ってしまうということはありませんが、片眼ずつ見え方に異常がないかチェックして、もし、ものの中心がゆがむ、黒く欠けている、などであれば、すぐに眼科医の検診を受けましょう。

治療について

症状が軽度のものに関しては、定期的な経過観察を行い、症状が進行しているものに関しては、点眼薬・内服薬を使用する場合もあります。重症例に関しては、硝子体内注射の適応があるかどうかを、実際に硝子体注射を行っている施設にて、検査を受けていただく場合があります。
最近では、サプリメントの内服をしていただくケースも多く、サプリメントの選び方も併せてご説明させていただきます。

主な診療分野
診療カレンダー
水曜日…手術:手術のため診療なし
土曜日…午後休診
日曜日…休診
 
当院までのアクセス
 
〒550-0015
大阪府大阪市西区南堀江4-4-20
アーデンタワー南堀江103
(旧アーバンビューネスト南堀江)
TEL : 06-6534-7007
FAX : 06-6534-7117