ホーム > 主な診療分野 > 緑内障 > 緑内障の治療について

緑内障の治療について

緑内障の治療について
一度障害を受けた視神経は元には戻らないため、緑内障を完治させることはできません。

したがって、緑内障の治療は、視神経がダメージを受けてこれ以上視野が狭くならないような対処療法になります。現在の緑内障治療は、眼圧を下げることが基本となります。

点眼薬による治療

眼圧を下げる効果のある目薬を点眼します。具体的には、房水の産生を抑える効果がある薬や、房水の流出を促す効果がある薬を点眼して、眼圧を低下させます。もともと眼圧が高くない人でも、眼圧を下げることによって、病気の進行を抑えることができます。

・眼圧について

眼球内を満たしている眼内液の圧力を指します。
眼球を常に一定の大きさ・形を維持するために必要な、眼球内の圧力のことです。

内服薬による治療

点眼薬で眼圧降下が足りない場合や急いで眼圧を下げたい場合に使用します。内服薬は体への負担が大きく、永久的に継続できる治療とは言えません。

外科的療法による治療

外科的療法による治療

点眼薬や内服薬を使っても、視野の欠損が進行する場合には、外科的治療を行います。レーザーを房水が排出される部分(線維柱帯)に照射し、房水の流出を促進する「レーザー療法」や、手術で線維柱帯の一部を取り除いて房水の逃げ道をつくる「線維柱帯切除術」、線維柱帯を切り開き房水の生理的な流出路の回復を目的とした「線維柱帯切開術」などがあります。また最近、房水の流出路をインプラントで作成するインプラント手術も保険治療に加わりました。

・緑内障手術について

緑内障手術は、白内障の手術と違い、視力・視野の悪化を防ぐための予防の手術です。
視力が回復したり、視野が広くなったりすることはありません。

定期的に検診を受けましょう
主な診療分野
診療カレンダー
水曜日…手術:手術のため診療なし
土曜日…午後休診
日曜日…休診
 
当院までのアクセス
 
〒550-0015
大阪府大阪市西区南堀江4-4-20
アーデンタワー南堀江103
(旧アーバンビューネスト南堀江)
TEL : 06-6534-7007
FAX : 06-6534-7117