飛蚊症

飛蚊症とは

白い部屋や、明るい場所で、目の前を横切って動くような、黒い影が見えることがあります。形は、糸くず状であったり、虫のような形であったり、目を動かす方向についてくるような動きをします。これを飛蚊症と呼びます。

飛蚊症の見え方

目の前を小さな「浮遊物」が飛んでいるように見えます。形状は糸状だったり、小さな粒や丸い輪、また半透明の場合もあります。とくに明るい場所ではっきりと見え、一旦気づくと気になって仕方がないという方もおられます。

飛蚊症の原因

眼球の内部の約8割の容積を占めている硝子体は、もともと寒天のようにぷるぷるしています。寒天内部には繊維性変化の強いところと透明度の高いところとがあるのが通常です。年齢的な変化で一部は液化し、また液化した水分が少しずつなくなっていくことから、硝子体自体の容積が減少します。液化減少が起こったとき、硝子体内の繊維性変化の強い部分が強調され、飛蚊症として自覚症状がでる方がいらっしゃいます。また、硝子体の容積が減ったとき、網膜とくっついていた硝子体の後ろ側の膜が、網膜と離れる変化が起こります。これは、後部硝子体剥離といい、生理現象で起こるものなのですが、離れた硝子体膜の上に、濁りがあることが多く、それが大きい真ん中の飛蚊症として自覚される方が多いです。いずれも病気でははありません。
飛蚊症を起こす病気としては、網膜裂孔・網膜円孔・裂孔原性網膜剥離や、硝子体出血、ぶどう膜炎などが代表的な疾患になります。いずれも加療が必要な病気です。

治療について

網膜裂孔・網膜円孔に関しては、レーザー光凝固術での加療を必要とします。裂孔原性網膜剥離の場合、中央に及んでいないものはレーザー光凝固術等での加療を行います。中央に及んでいるものは、硝子体手術等の加療が必要になります。硝子体出血に関しても、原因を突き止め、原因疾患の治療が必要になります。ぶどう膜炎についても、同様に点眼薬等による加療を必要とします。

主な診療分野
診療カレンダー
水曜日…手術:手術のため診療なし
土曜日…午後休診
日曜日…休診
 
当院までのアクセス
 
〒550-0015
大阪府大阪市西区南堀江4-4-20
アーデンタワー南堀江103
(旧アーバンビューネスト南堀江)
TEL : 06-6534-7007
FAX : 06-6534-7117