ホーム > 主な診療分野 > 斜視・弱視

斜視・弱視

斜視とは

ふつう、ものを見るときには両方の目が、見ようとするものの方向に向いています。ところが、片方の目が見ようとするものを見ているにも関わらず、もう片方の目が目標と違う方向を向く場合があります。これを斜視といいます。斜視はこどもの2%くらいにみられる病気です。

斜視の種類

斜視は目の位置によって、内斜視(ないしゃし)、外斜視(がいしゃし)、上下斜視(じょうげしゃし)にわけられます。

内斜視(ないしゃし)

内斜視(ないしゃし)

正常な目の位置と比べ、両眼のバランスが内側に向いている状態をいいます。成人の場合、見た目の問題や眼の疲れの改善を目的として手術を行います。

外斜視(がいしゃし)

外斜視(がいしゃし)

内斜視とは逆に、両眼のバランスが外側に向いている状態をいいます。成人の場合、見た目の問題や眼の疲れの改善を目的として手術を行います。

上下斜視(じょうげしゃし)

上下斜視(じょうげしゃし)

上下の斜視には、上下の筋肉のバランスを変える手術を行います。上下の斜視は単独で起こることは少なく、たいていは内斜視や外斜視に合併しています。

斜位(しゃい)

斜位は、斜視とは異なり、両眼で目標に視線を合わせている状態では、視線のずれがなく、両眼視が可能です。しかし、片目をかくしたり、覆ってしまったりすると、隠した方の眼が斜視のように外れます。 斜位にも斜視と同じく内斜位、外斜位、上下斜位があります。目標を見る時に絶えず緊張状態であるため、眼精疲労を起こしやすいと言われています。

斜視の原因

斜視の原因として、次のようなものがあります。

・眼の筋肉や神経などの異常

目を動かす筋肉や神経にわずかの異常があると、目の位置がずれ、両目が一緒に正しくものを見ることができず、斜視になります。

・遠視

目はものを見るときにそのものにピントあわせを行います。近くを見るときには、目は内側によります。遠視では、強くピントあわせを行わないと、はっきりと見えないため、目はかなり内側によってしまい、斜視になる場合があります(調節性内斜視)。

・両眼視(りょうがんし)の異常

両眼視とは2つの目で見たものを脳で1つにまとめる働きのことです。両眼視は生後1年くらいでできるようになり、6歳くらいには完成します。遺伝や脳の一部のわずかな異常が原因で、両眼視がうまくできない場合、それぞれの目がばらばらな方向を見るようになり、斜視になります。

・視力不良

病気やけがで、片方の目の視力が悪くなると、両眼視ができず、視力の悪い目が斜視になる場合があります。大抵の場合、その目は外側を向きます(外斜視)。

治療について

視能訓練士により、斜視の生じている角度の測定を行います。
角度の小さいものに関しては、定期的な診察および角度の測定により、経過を診せていただきます。角度が大きいものに関しては、手術をどの時期に行うかを、ご本人さま・ご家族さまとご相談の上、適切な時期に斜視手術の専門の先生が手術をされている病院をご紹介させていただきます。

弱視とは

こどもの目の発達には、たえずものを見る訓練が必要であることは、先にのべました。それでは、もしこどもの視力が発達する途中で、たえずものを見る訓練ができなかったらどうなるのでしょうか?
この場合、視力の発達は押えられ、止まってしまいます。これを弱視といいます。弱視とは、メガネやコンタクトで矯正しても、視力が出ない目のことを言います。裸眼視力が例え0.1であっても、メガネなどで矯正して1.0の視力が出れば、弱視とは言いません。

・弱視の治療方法

視力の発達が抑えられている期間の長さや程度によって、よくなる場合とならない場合があります。3歳くらいまでに見つかると、なおる可能性は高くなります。弱視をなおす方法としては、遠視が原因の場合には遠視用のめがねをかけます。メガネで矯正して網膜にピントをきちんと合わせ、鮮明な像を脳に送り、視機能の発達を促すことが治療の基本となります。その他の場合は弱視の視力増強訓練を行う必要があります。
弱視の視力増強訓練は遮閉法(しゃへいほう)という方法で行います。遮閉法はふつう健全の方の目をアイパッチと呼ばれる大きな絆創膏のようなもので隠すことによって、弱視の目を無理に使わせようとする方法です。この方法は病院だけではなく、家庭でもずっと行わないと意味がありませんので、家族の協力が必要となります。
遮閉法を行うときには眼科医の指示に従いましょう。

治療について

弱視の原因となるような、目の病気が生じてないかどうか、診察させていただきます。
弱視の程度により治療は、眼鏡装用のみの場合や、眼鏡装用に加えよく見えている方の目にアイパッチを張っていただく場合、または眼鏡装用・アイパッチ使用の上に、点眼薬での加療を組み合わせて行うことがあります。それぞれ弱視の程度により、必要とされる治療方法は若干異なります。
弱視治療には、根気が必要で、また、まわりの方の理解と協力が必要です。
一緒に根気よく諦めず続けていくことが大事であると考えます。

 
主な診療分野
診療カレンダー
水曜日…手術:手術のため診療なし
土曜日…午後休診
日曜日…休診
 
当院までのアクセス
 
〒550-0015
大阪府大阪市西区南堀江4-4-20
アーデンタワー南堀江103
(旧アーバンビューネスト南堀江)
TEL : 06-6534-7007
FAX : 06-6534-7117