緑内障

緑内障とは

まぶたの上からそっとさわるとわかるように、眼球は空気のつまったボールのように張りがあります。これは眼球の中の圧力(眼圧<がんあつ>)が外よりも高く保たれているからです。おかげで、身体を動かしても眼球の形が変わらず、網膜の上にきちんと映像を結んで、ものを見ることができます。
ところが、眼球の後ろにある視神経はとても繊細で、眼圧に耐えられないと押しつぶされて、傷ついてしまいます。残念ながら傷ついた視神経は元には戻りません。その結果、大事な視神経の数が減ってしまい、視野(しや)がだんだん欠けていきます。これが「緑内障」です。しかも、早期に発見、治療して、病気の進行を止めないと、ついに失明に至ります。実際、緑内障で失明する人は、糖尿病網膜症(もうまくしょう)についで2番目に多く、油断のできない病気なのです。

視神経が障害され、視野が狭くなったり、部分的に見えなくなったりする病気です。
正面を向いてまっすぐ前方を見つめたときに、片方の目で上下左右の見える範囲を視野といいますが、緑内障になると視野が狭くなったり、部分的に見えない部分がでてきたりする視野障害が起こります。

白く丸く映っているのが、視神経乳頭と呼ばれる、網膜上の視神経の端にあたる部分です。正常の視神経に比べ、視神経全体の色が白っぽくみえると思います。視神経の中央のくぼんでいるところが拡大し、視神経の端まで広がっていくと視野が欠け始めます。

緑内障の見え方


初期の視野変化は、小さく、また左眼でカバーされている部分から、徐々に視野が欠け始めます。緑内障の初期の視野欠損が自覚されにくのは、このためです。病気が出ていない方の眼が視野をカバーしてしまうため、自覚症状が出てきません。中期以降になると、視野の欠けが広がるので、気づかれる方もいらっしゃいますが、やはりもう片眼の視野にカバーされていて、気づかれない方も多いです。末期は生活に支障がでてきます。末期まで進行して、やっと視力が下がってくるので、それで気づかれる方もおられます。
緑内障は末期まで、視力はいい状態のままです。視力も悪くなると思われている方が多いのですが、気をつけていただきたいポイントではあります。

緑内障の原因

基本的には、白内障と同じく、年齢的な変化で視神経が痛み、緑内障になります。中には、緑内障家系と呼ばれる、遺伝子的に緑内障になりやすい家系の方もいらっしゃいます。

治療について

緑内障の進行度、緑内障の種類によって、治療方法が異なります。
日本人に現在一番多いとされている正常眼圧緑内障や開放隅角緑内障(かいほうぐうかくりょくないしょう)のほとんどは点眼薬での治療を第一選択に考えております。
狭隅角(きょうぐうかく)や閉塞隅角緑内障(へいそくぐうかくりょくないしょう)の場合、レーザー治療や観血的手術治療が必要になる場合もあります。
緑内障は決して怖い病気ではありません。長く上手にお付き合いする気持ちで、治療を受けていただけたらと思います。

術後

緑内障で手術加療をした症例です。一時的に眼内の水(房水)を貯留することで、眼圧を下げる貯水湖のようなものを、結膜の下に作り、眼圧を下げています。
点眼薬やレーザー等でどうしても眼圧が目標通り下がらなかった場合に必要になります。

主な診療分野
診療カレンダー
水曜日…手術:手術のため診療なし
土曜日…午後休診
日曜日…休診
 
当院までのアクセス
 
〒550-0015
大阪府大阪市西区南堀江4-4-20
アーデンタワー南堀江103
(旧アーバンビューネスト南堀江)
TEL : 06-6534-7007
FAX : 06-6534-7117